ミニマリスト

月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト生活

「必要最小限のお金とモノで豊かに暮らす」

今回は「必要最小限のお金とモノで豊かに暮らす」というテーマについて、
Takeruさん著「月10万円でより豊かに暮らすミニマリスト生活」をもとに考察していきます。

この動画を見ることによって、必要最小限のお金とモノで今よりも豊かに暮らす考え方について学ぶことができます。

今回の研究資料
この本に興味がある方は画像をクリック(Amazonサイトに飛びます)

突然ですが、今の生活に何か閉塞感を感じていて、もっと人生をよくしたい、何かスッキリさせたい!
もしそんな漠然としたお悩みを抱えた方がいたらあなたはなんとアドバイスしてあげますか?

今回ご紹介することを実践していただくと、
より少ないモノとお金で暮らす生き方の魅力に触れることができるでしょう。

それでは具体的な方法を解説していきます。

「自分に必要な”モノとお金の量”を把握すること」

一言でいうと「自分に必要な”モノとお金の量”を把握すること」です。

本書の著者であるTakeruさんは、必要最小限のもので暮らすミニマリスト。
ご自身のYoutubeチャンネルでもミニマルな暮らしぶりや色々なミニマリストさんと対談するなど活躍されている方です。

Takeruさんがミニマルな暮らしを始めたきっかけは、
持病が悪化し、仕事と健康と当時いた彼女も失い、人生どん底の状態に陥ったことだといいます。
そんなある日、Takeruさんは人生を一変させる「ミニマリズム」というライフスタイルに出会ったのでした。

Takeruさんがミニマリズムを実践し得られたこと。
それは、安心感と自由、そしてチャンスを掴みに行けるお金だったといいます。

これらを得られるようになったのは、自分自身が生活するために最低限必要なお金とモノの量を把握できたからとのこと。

「これだけのお金と収入を確保しておけば、生きられる」というラインを知る。

すると最低ラインさえクリアしておけば、身軽にチャンスを掴む挑戦ができる、とTakeruさんは主張します。
これからミニマリストを目指したい、人生に抜本的な変化を起こしてみたいという方は、ぜひこちらの動画を参考にしてみてくださいね。

ここでは最低限必要なモノとお金の量を把握する方法について
ポイントを3つに絞ってみました!

・理想の人生を言葉に表す
・人生の目的地に向かって、手放す
・お金から自由になる方法を知る

ここからさらに詳しく、これらを一つ一つ解説していきます。

「理想の人生を言葉に表す」

まずはじめに「理想の人生を言葉に表す」について解説していきます。
ミニマリストになる方法といっても、そのアプローチは人によって様々です。

ここで著者・Takeruさんのオススメは、まず理想の人生を明確にすること。
つまり理想とする人生を基準にモノを減らすか判断する方法となります。

目指す目的がなければ、持つもの、手放すべきものの判断基準は定まりません。

ミニマリズムを実践する上で大事なこと。
それは人生をシンプルにして、本当に叶えたい夢に集中し成し遂げることであり、ただものを手放せばいいということではない。

Takeruさんはそのように主張しています。

また理想とする人生のヒントとしてTakeruさんは次の2つの質問を投げかけています。

①あなたはこれから、どんな人生にしていきたいですか?
②あなたがまだ叶えていない、大きな夢は何ですか?

この2つのテーマについて、自由にノートへ書き出してみましょう。

「人生の目的地に向かって、手放す」

続いて「人生の目的地に向かって、手放す」について解説していきます。

こんな人生にしたい!こんな人間になりたい!と目標が決まったら、
あとはその夢や目標に直接関係ないものを手放していくだけ。

夢のためには、無駄なことやものに時間やお金、エネルギーを使ってはいけない、とTakeruさんは主張しています。

今まで購入してきた、夢とは無関係なものをまず手放していく。これが最も効果的だということです。

手に入れることだけが、夢を叶えるアプローチではないのです。

持ちすぎているのものを手放して身軽になることも、夢を叶える方法の一つだとTakeruさんは語ります。
例えば手放していくものの候補は次のように挙げられます。

・ボロボロで古いまま放置していた
・一年以上使っていない
・同じものを何個も持っている
・期限切れ
・半年以内に使い切れない
・夢とは関係ない

Takeruさん曰くものの選び方、残し方で重要なのは目的地だといいます。
例えばハワイへ行くのと北極に行くのでは、スーツケースに詰めるものは全く異なりますよね。

まず先ほど書き出した理想の人生にとって無関係と思うものを
今から15分だけ片付けてみましょう。

このとき大切なのは、自分の人生の目的地へ向かうために必要な荷物だけ残す、このようにイメージすることです。

残すもの、手放すものの判断基準がだんだんと頭の中でクリアになっていくのではないでしょうか。

「お金から自由になる方法を知る」

最後に「お金から自由になる方法を知る」について解説していきます。

ある時ツイッターでTakeruさんはこんなアンケートをとりました。
質問は「あなたが今、一番欲しいものは何ですか?」というもの。

選択肢には時間、お金、健康、その他を設定してアンケートをとった結果、
約1600人が回答し、回答の50%の人が「お金」と答えたそうです。

このように、多くの人は時に我慢をしながら、お金を得るために働いています。

人それぞれ職種も収入もライフスタイルもバラバラですが、
多くの人が、どれだけお金があっても、今持っているお金に不足感を抱いているのです。

Takeruさん曰く、その結果に至る理由はシンプルで「お金を必要以上に使っているから」というもの。
人間の欲望は、どれだけお金を使っても際限がありません。

ここでTakeruさんは、生活に必要なお金を把握する際、次の2つの現状についてノートに書き出してみることをおすすめしています。

1)あなたの1ヶ月の生活費はいくらですか?
2)あなたは今、ものにどれだけお金をかけていますか?

お金がいつも足りないと感じてしまうのは、必要のないものまで欲しがっているからです。
従って、夢へのルートを思い描いた時、優先度の低い欲望は切り捨てましょう。

お金から自由になる最も簡単な方法は、あなたが一番好きなことのためにお金を使う選択と集中です。

収入の80%〜90%で生活して、残りのお金を貯蓄し、そのお金で夢を実現させる。

そのために、現在の生活費を把握したあとは、生活費の内訳の予算を決める、Takeruさんはそのようにおすすめしています。
こちらの具体的な方法はぜひ本書をご覧ください。

【まとめ】

では最後にこの動画の考え方をまとめて振り返っていきます!

まず「ミニマルに暮らすには理想を決め、理想に関係ないものを手放す」ということ

そして「理想のために自分のお金の使い道を把握する」ということでした。

ミニマリストにも色々なパターンがあるかと思いますが、
本書の著者・Takeruさんはお金を使うべきところで使う、そのようなスタイルであることが特に印象的でした。

つまり、何でもかんでも最小限に抑えることが良いとは言っていないのですね。

本のタイトルにもある月10万円という金額は、あくまでも目安です。

しかし、この金額で生活を回すことができれば、
残りの収入や稼ぐことに当てようとしていた時間を夢の実現のために当てる自由ができる、とTakeruさんは主張します。

ミニマルな暮らしは、あくまでも夢を実現するための手段の一つということ。
ミニマリズムを実践し、夢に挑戦する自由と豊かさを手に入れてみてくださいね。

【YouTube】お片付け研究室チャンネル紹介

運営会社

買取専門店アシスト公式サイトへ

下取りチェッカー

買取の流れ

\60秒で自動査定/ 友だち追加