掃除

幸運がやってくる! ミラクル「そうじ力」

「部屋にプラスのエネルギーを呼び込む掃除」

今回は「部屋にプラスのエネルギーを呼び込む掃除」というテーマについて、
舛田光洋(ますだみつひろ)さん監修「幸運がやってくる! ミラクル「そうじ力」」
をもとに考察していきます。

この動画を見ることによって、幸運を呼び寄せるそうじのパワーについて学ぶことができます。

今回の研究資料
この本に興味がある方は画像をクリック(Amazonサイトに飛びます)

突然ですが、家に帰るとついだらだら過ごしてしまう。部屋にいるとやる気が出てこない。
もしそんなお悩みを抱えた方がいたらあなたはなんとアドバイスしてあげますか?

今回ご紹介することを実践していただくと、マイナスな運気が浄化され、
部屋で過ごす時間が快適なものになるでしょう。

それでは具体的な方法を解説していきます。

「幸運を呼び寄せる掃除方法を実践すること」

一言でいうと「幸運を呼び寄せる掃除方法を実践すること」です。

本書では部屋は心をうつす鏡だと紹介されています。
つまり、何か不安や不満があるときほど部屋は散らかっていくのです。

また人の心は磁石のように同じ性質のものを吸い寄せるパワーがあります。
部屋がほこりや物で溢れて汚い状態であれば、心も自然とマイナスな方向へ 引き寄せられてしまうのです。

このような負のスパイラルを止める方法が掃除です。

掃除といってもただ整理整頓や汚れを落とすだけではありません。
部屋をキレイにする。 感謝を込めて心もキレイにしていく。

この2つの力が重要となります。

それぞれのコツを掴んで、プラスな気持ちで毎日を過ごせるよう学んでいきましょう。

ここではそうじのパワーを上げる方法について
ポイントを3つに絞ってみました!

・部屋を換気してエネルギー充電
・時間をかけて汚れをとる
・掃除のおわりに炒り塩を撒く

ここからさらに詳しく、これらを一つ一つ解説していきます。

「部屋を換気してエネルギー充電」

まずはじめに「部屋を換気してエネルギー充電」について解説していきます。
いきなり掃除を始めようと思っても、重い腰を上げるには、かなりの力を使います。

本書でおすすめされているのは、
まず部屋に溜まったマイナスのエネルギーの放出から始めること。

なぜなら、閉め切った部屋は気分をどんよりさせてしまい、
更にほこりや二酸化炭素も溜まっていて環境的にも好ましくないからです。

上手に部屋の空気を入れ替えるには、
窓を1つ開けるよりも空気の通り道を作るように意識して、2か所開ける方が効果的です。

向かい合う窓や、窓の反対側にあるドアや玄関を開けると、部屋中の空気が通り抜け、すぐに換気が済みます。

部屋の中に1か所しか窓がない場合は換気扇や空気清浄機を合わせて使うのも手です。

また、本書では換気しているときは自分自身も深呼吸することをおすすめしています。

知らず知らずのうちに吸っていた部屋の淀んだ空気を吐き出すことで、
自分の中のマイナスエネルギーを追い出すことができるのです。

新鮮な空気とともに、自分にもプラスエネルギーを充電するようなイメージで空気を吸い込めば
気持ちもリラックスし、やる気が湧いてくるでしょう。

換気は窓を開けるだけで完結します。
掃除が苦手な人はまず換気を定期的に行う習慣をつけるところから始めてはいかがでしょうか。

「時間をかけて汚れをとる」

続いて「時間をかけて汚れをとる」について解説していきます。

様々な掃除の方法の中でも
特に汚れを落とす作業というのは掃除のパワーを最も感じることができます。

なぜなら、汚れが落ちることで見るからに進捗が分かり、
汚れを落とした達成感が心にも響くからです。

ここでは本書で紹介されている、汚れを落とす基本の3つのステップを取り上げていきます。

1.汚れを落とす
 →雑巾を1枚水につけて絞り、ひたすら無心で水拭きをします。
2.から拭きをする
 →雑巾をもう1枚用意し、から拭きします。
3.磨いて光らせる
 →これには床のワックスがけなどが当てはまります。鏡や窓ガラスを磨くのも良いでしょう。

大切なのは、この3つのステップをゆっくり時間をかけて行うことです。

じっくり汚れに向き合うことで、
ストレス発散や自身の悩みを整理できる効果があるといいます。

家中汚れていてどこから手をつけていいか分からないという方は、
トイレやお風呂場、洗面所などの水回りから始めるとスムーズに進みます。

不要な物の判別がしやすく、比較的狭い場所なので短時間の掃除でも効果を感じることができ、
達成感を得やすいですよ。

汚れをとり、ピカピカに磨き上げることで、部屋と心の曇りをなくしましょう。

「掃除のおわりに炒り塩を撒く」

最後に「掃除のおわりに炒り塩を撒く」について解説していきます。

部屋の隅や玄関などに置かれている盛り塩。
あなたも一度は目にした経験があるのではないでしょうか。

ですが、自分の家で行おうすると場所がなかったり、ペットやインテリアの妨げになったり、
実際はなかなか難しいものです。

そこで本書では、新たな方法として「炒り塩」が提案されています。
炒り塩とは、その名の通り炒った塩を部屋に撒く行為です。

古くから塩には邪気を払う効果があると言われてきましたが、
炒ることでさらに効果が増し、部屋のマイナスエネルギーを吸い取ってくれます。

それでは、炒り塩の方法をご紹介します。

1. 塩を炒る
塩は食塩だと床にベタッとはりつきやすいので、天然塩を使用します。粒は大きめがおすすめです。
天然塩をフライパンに入れて5分ほど、全体の水分を飛ばしながら炒っていきます。

2. 塩を撒く
冷ました炒り塩をキレイに掃除した部屋に撒きます。

3. 撒いた塩を取り除く
部屋に撒いた炒り塩を10分程度放置したら、掃除機やほうきで取り除きます。
水回りに撒いた場合は水で流しても問題ありません。

この一連の手順で炒り塩を行うと気分がすっきりしますよ。
効果を感じられない場合は数回繰り返してもいいそうです。

掃除のオプション的な炒り塩ですが、実践してみると気持ちに変化があるようです。
是非試してみてくださいね。

【まとめ】

では最後にこの動画の考え方をまとめて振り返っていきます!

まず「換気をして部屋のマイナスエネルギーを追い出す」ということ
次に「徹底的に無心で汚れをとる」ということ、
そして「炒り塩で綺麗になった部屋を清める」ということでした。

金運アップを期待して自分の欲望のまま掃除をするのではなく、
心を無にして欲望をそぎ落とす人が、プラスのエネルギーを得ることができます。

心が軽くなれば目の前のことが明確に見えてくるものです。

「部屋がキレイになったし、それを誰かに喜んでもらえた」など、
小さな幸せに気付くようになり、感謝の気持ちが生まれます。

すると、自分の健康や仕事、人間関係にも感謝をするようになり、
やがて自分もほかの人へ感謝したいと願い、人に幸せを与えるというプラスのループがやってくるのです。

この掃除方法は劇的な幸運をもたらすものではありません。
「感謝の気持ちを持てるようになる」ということが最終的な到達地点です。

少しでもマイナスのエネルギーが放出されていけば、あなたの部屋にも、
そしてあなた自身にもプラスのエネルギーが舞い込んでくるはずですよ。

【YouTube】お片付け研究室チャンネル紹介

運営会社

買取専門店アシスト公式サイトへ

下取りチェッカー

買取の流れ

\60秒で自動査定/ 友だち追加