片付け

服を捨てると幸せが見つかる

「クローゼットをスッキリさせると、理想の自分に出会える 」

今回の研究資料
この本に興味がある方は画像をクリック(Amazonサイトに飛びます)

突然ですが、洋服はたくさん持ってるのに着たい服があまりない。
クローゼットの中がごちゃごちゃで着たい服が見つからない!コーディネートに時間がかかって大変。
という悩みを抱えた方がいたら、あなたはなんとアドバイスしてあげますか?

休日のお出かけに気合を入れて洋服選びをするも
どれを選んでもイマイチしっくりこない。なんか違う気がする。

こんなにいっぱい洋服はあるのに。。なんでだろう?
買った時は欲しくて買ったはずなのに。

サイズが合わなくなったか流行が過ぎたか、はたまた古くなって見栄えが悪いか。
散々悩んだ挙句、最後は結局いつもよく着ている洋服を選ぶことに。

時間ばかり掛かって、正直もうオシャレが面倒になってきた。
そんな事になっていませんか?

今回ご紹介することを実践していただくと、
クローゼットを整理整頓すると、思考も整い、なりたかった自分が見えてくる
という学びが得られることでしょう。

「洋服もスタイルも自身の思想も、捨てることでより明確により洗練されていく」

それでは具体的な方法を解説していきます。

一言でいうと「洋服もスタイルも自身の思想も、捨てることでより明確により洗練されていく」です。
なにかを厳選し選び抜くという行為は、
自分の生活スタイルや人生のあり方を追求する行為だと本書では述べられています。

洋服もスタイルも自身の思想も、捨てることでより明確により洗練されていく

今回の動画では、衣食住の「衣」にフォーカスし、
洋服に対する考え方、それが自分自身にどんな効果があるかをご紹介させていただきます。

ここでは洋服の選び方について
ポイントを大きく3つに絞ってみました!

洋服の選び方、3つのポイント

1.好きなものだけ残せば、すっきりする
2.自分が本当に欲しいものを見極める
3.洋服を捨てると、自分まで磨ける

ここからさらに詳しく、これらを一つ一つ解説していきます。

1.好きなものだけ残せば、すっきりする

まずはじめに「好きなものだけ残せば、すっきりする」について解説していきます。

好きなものだけ残す。と言ってもなかなか難しいものです。
なにせ買った当時は好きだと思って買った訳ですから。

何を捨てていいかわからない。って思われるかもしれません。
そこで本書で紹介されていた内容のうち、ここでは3つの項目を取り上げていきます。

まだ着られるから勿体ない!は一生着ない服

好きなものだけ残せば、すっきりする

「最近着てないけど、勿体ないからとしまってある洋服」。
まずはこの辺りから手を付けていきましょう。

筆者は【今日着たいと思えなかった服は明日も絶対に着ない】と述べています。
確かにその通りかもしれませんね。

誰かの「よい服」は自分の「よい服」とはかぎらない

誰かの良い服は、自分の良い服ではない

憧れのモデルさんが着ていた、雑誌の紹介でイチオシだった。

もしそのような理由で買った服が、あまり着ることもなく眠っているなら
この際思い切って手放しても良いかもしれません。買い物にだって失敗はあります。
自分には似合わなかったと認めることで、一つ勉強になったと決心もつくでしょう。

何を着たいか?は何をしたいか?で決める。

クローゼットを覗いた時、いつどんなシチュエーションで着る服なのか、
いまいちピンと来ない服は、もしかしたら無くても困らない服なのかもしれません。

格好よく決めたいはずなのにシミ汚れがあったり、サイズがちょっと合わなかったり、
可愛くコーディネートしたいのに、どうにも色が他と合わせにくい。

そのようなことをきっかけに目的を失ってしまった服って結構ありませんか。
筆者は、最終的には【使うか使わないか】を基準にしていると述べています。

なくても困らない、使う?使わない?

いかがでしたか?
残った服は、あなたの理想のスタイルで満たされたものになってますか?

どれを手にとっても着たいと思えるクローゼットになっていたならば
明日からはきっとコーディネートの時間がグッと短くなることでしょう。

2.自分が本当に欲しいものを見極める

続いて「自分が本当に欲しいものを見極める」について解説していきます。
先ほどは、既に溜まってしまった服をどういう判断で減らしていくか、についてご紹介しました。
ここではその手前の段階である、買う時の基準にもフォーカスしてみます。

お買い物というのは得てして気持ちの良いものです。
お金を使うことって、人によってはストレス発散だったりしますよね。

ですが、感情任せで衝動買いしたものというのは、後悔を呼ぶことも少なくありません。

もし買ったけど全然使わないものがあるなら、それは
「もの」ではなく、その時の買って満足という「気持ち」を買ってしまっている。
と筆者は述べています。 

服を買う目的

服は着てこそ意味があります。本当に欲しい服とは着ている時にこそ満足感が得られるはずですよね。
そしてそれは着られるかぎり満足感が持続します。

これはとても重要で、
服を買う目的が「使う」ことから「買いたいものを買う」にすり替わってしまうと
無駄なものが増え、クローゼットには、どんどんと果たして着たいのか良く分からない服が溜まってしまうのです。

結果、ごちゃごちゃしたクローゼットを見ては、またストレスが溜まり
発散するように新しい服を買ってしまいます。

ではこのような悪循環を生まない為にはどうすればよいのでしょうか?

それは、
買物にテーマをみつけ、なぜ買うのか?を考えること
買い物に自分のどんな気持ちが反映されているかを考えましょう。

なぜ買うのか、ストレス?乗せられてる?

ストレスを散財して吐き出そうとしてないか?
セールスに乗せられて買おうとしてないか?

一度、冷静になるまで気持ちの整理をつけてから買い物をすることで
きっと本当に自分の欲しい服に巡り合えるはずです。

3.洋服を捨てると、自分まで磨ける

最後に「洋服を捨てると、自分まで磨ける」について解説していきます。

洋服を捨てると、自分まで磨ける

先ほどまでは、服を自分の価値基準をつけて厳選してきました。
物理的な整理整頓ももちろんですが、それとともに
必要なもの選ぶことは

自分の中でぼやけていた本当の価値観を見つける一助になることが
何となく見えてきたのではないでしょうか。

モノを減らすと、物を意識する時間が減る
所有物を厳選して減らしていった結果、最後に残るのは
こうありたいと思う自分自身です。

装飾品はその一部であり、それだけでは理想に届きません。
著者は「美しい」というのは、その人自身が自信を持っている、いうことではないかと述べています。

美しい、自信を持っている

コーディネートが短時間でバシッと決まるようになれば
心にもゆとりができスキンケアや立ち振舞い、言葉遣いなど
自分自身を磨くことにも意識が向けられるようになれます。

そうして磨き上げた自信はきっと服だけで着飾るよりも
ずっと素敵なあなたにしてくれることでしょう。

【まとめ】

では最後にこの動画の考え方をまとめて振り返っていきます!

まとめ

まず「クローゼットには自分が今日も着たいと思える服だけを残そう」ということ

そして「買い物はテーマを設けて本当に欲しいものを買おう」ということ
最後に「モノよりも自分自身に意識を向けよう」ということ
たくさんの服が詰まったクローゼットを整理整頓することで

場所にも心にも余裕が生まれ、自分自身を見直すきっかけにも
なることを勉強しました。

本書ではほかにも、厳選して服の数を減らしてもオシャレはいくらでも出来ることを
コーディネートの写真と着回しの参考例も併せて紹介されています。

センスと自分自身を磨いて
いつでも軽やかにオシャレができるクローゼットを目指しましょう。

【YouTube】お片付け研究室チャンネル紹介

運営会社

買取専門店アシスト公式サイトへ

下取りチェッカー

買取の流れ

\60秒で自動査定/ 友だち追加